インパクトのある夢日記

自覚夢・明晰夢・体外離脱などについてのブログ。 夢全般をテーマにします。名前にインパクトが無いのでインパクトを付けました。読んでるといつのまにか体外離脱の知識が身に付くようなブログを目指します。相互リンク大歓迎です!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

体外離脱日記_3 ~体外離脱時間について 

体外離脱中の時間の流れは、非常に主観的なものです。


離脱した世界に3時間くらい滞在していたのに、
目覚めてみると実際には30分くらいしか寝ていないことがよくあります。


そもそも僕がこの「偽体外離脱」の話に魅力を感じたのは、体感寿命が延びる点。
一秒で数十分以上の時間を過ごせるみたいです。
肉体が80年くらいで死ぬなら、現実時間で毎日2時間、睡眠を離脱と兼ねれば
意識は200年くらい生きられるのでは。


時間感覚が早まるのは良く考えたら当たり前。
通常活動時、人間は外界から脳に情報を取り込み、処理し、結果を外界に出力する形で
意識活動を行っています。


脳をコンピュータに例えると、その際にはどうしても脳内と外界との
インターフェースが必要になる。

入力には五感が、出力に筋肉が必要です。
これに対して離脱は脳内にインストール済みの世界で意識活動するため、
新規の情報は入出力不可能な代わりに処理が圧倒的に早い訳です。
新しく情報を取り込み整理しなくても、今まで見たり聞いたりした情報で
世界を構築するから。


それに普段は取り込んでから省いている情報 (時計の音とか景色とか。)
は初めから取り込まず、必要な情報しか扱わないため、
一時記憶領域(海馬?)もあまり容量を喰いません。


常にメモリがクリアな状態です。記憶領域(大脳皮質?)も恐らく同じ。
だから、短期間に色々なことを考えられる。


起きている時間にで情報を入出力して溜め込み、
寝ている時間に脳内でそれを効率的に処理する。

これが人間の肉体の機能で、限られた時間をより有効に使用する
ベターな方法ではなかろうか!



※ブログランキングに参加していますので、良かったらポチッとお願いします。
エントリーしてるのは 「不思議」 「スピリチュアル」 です。

スポンサーサイト
[ 2008/11/16 09:35 ] 体外離脱! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー

10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
クリックすると弾けます
アドセンス
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。